蔦といつものぶん投げ

劇場版 天元突破グレンラガン螺厳篇を今更見た
ひぐらし誓を返す時に目に入ってしまったのが運の尽き。
ホイホイ借りてしまったのぜ
しかし、ツタヤの会員登録した時にもらった100円割引券たくさんと、
更新したときにもらった50円引き券たくさんがなかなか使い終わらない
元々CDとかDVDとかはあれこれしてどうにかしちゃう人だからなー。
とか、いろいろ危ないあれこれは置いておいて、本編の感想へ。
テレビアニメ版を見終わった感想も結局書いてないからそれも兼ねるかもしれない

戯言つらつら書き殴りたいところなんだけど、
長々と語るのはグレンラガンには向いていない気がする
なんていうか、喉越しが気持ちいいアニメ。
勢いとかパワーとかがすさまじい。
本編3.5回とキャストコメンタリー、スタッフコメンタリーで計11時間持ってかれたわけだが、
何度見ても面白いのもそういう痛快さあってなんだろうな。
内容は、進化のお話。
キャラ個人としての進化ってのももちろんあるんだけど、もっと大きな、人類規模での進化というか。
「このドリルはこの宇宙に風穴を開ける。その穴は、後から続く者の道となる。
倒れていった者の願いと、後から続く者の希望。
二つの想いを二重螺旋に織り込んで、明日へと続く道を掘る。
それが天元突破。それがグレンラガン」

っつー台詞もある通り。スケールでかいんだ。
熱い作品だった。
ロボもカッコいいし、バトルもすごい。
最後らへんはなんでもアリだったなぁ…。
とにかく燃えた。

劇場版としての感想はやはり、追加カットが超すげー
血の涙を流す超銀河グレンラガンとかもうね。
赤ん坊を抱き上げるシモンのカットには不覚にも………。
そして何よりも、天元突破ズ。
テレビアニメ版では宇宙での戦いで散っていった大グレン団の面々だが、
劇場版ではアンチスパイラルとの最終決戦でまさかの…………。
まぁぶっちゃけ尺の都合で死亡シーンを入れられなかったのかなーとかも思うわけだが、
やはりああいう展開は燃えるな!!
追加されたメカもみんなカッコよかったし………。
アンチスパイラルとの戦いのシーンもテレビアニメ版よりもパワーアップ。
ギガドリルブレイクVSギガドリルブレイクからの流れがもう
決着の台詞もより前向きなものに変更。
とにかくすごかった。劇場で見たかったなー
劇場版見た勢いでテレビアニメ版も見返そうかな。
放送中のアニメで見てないのが18話分たまってるけど気にしない
惰性で見てるのがほとんどだし。どうでもいいやつは1.7倍速とかにして見てるよ
PSPの再生速度調整機能が結構優秀でねー。とかはどうでもいい。
グレンラガンは、すっげー面白いアニメ!


武装姫神PSP
アーンヴァルとハウリンのサウンドトレーラーが公開されてるわけだが………
順当にいくんであればアーンヴァル&ストラーフの第一弾コンビが来ると思うのだがこれいかに。
ラジロン復活フラグ?
ミナトタワーラスト2回と合わせてラジロンを二週した俺にとっては、
いろいろと期待されられるチョイスだ。フォックス!

・ドリクララジオ一旦終了
週一水橋分補充原だったが……
再開は6月から。てっきり4月だと思ってたけど。
再開してからはゴトゥーザ様と二人でパーソナリティをやるとか。
やるならダチャーンとかなと予想していたが、これはこれでいろいろと期待させられるチョイス。



うおおおおおおお来いよォオオオォ!!
記事の続きを読みたいヤツからクリックしろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!
| 月泣 |

ガンガンと信者

・ソウルイーター16巻
また妙な新キャラが…w
マカがかわいらしい一面を見せた気がしたがやはりやつは男前だった
次巻から黒星VSクロナ。クロナは結構久しぶりの気がするなー
どっちのバトルも好きだから楽しみだ

・清村くんと杉小路くんろ3巻
ピンクいww
内容は相変わらず…なんだけど、
土塚ファンならニヤリとできる要素盛りだくさん
ヨマっぽい人、ボブリッツっぽい人、エイキっぽい人、バンブーブレードの面々が登場。
バンブーの人らが来るのは知ってたが、まさかヨマ一味が出るとは……ww
流石のヨマさんも清杉の作風に巻き込まれギャグキャラと化していた。
土塚先生曰く「19歳のときに初めて描いた清杉を30歳過ぎてまだ書いてる」とな。
結構長生きしてんなー。
曰く、ひと昔前にやれたことが今じゃできない、ということが結構あるそう。
そういえば清村は最近屋上から落とされてないような………いや。うん。
たぶんそれだ
きっと恐らくそれだ

・ひまわり1,2巻
なかなか良い。
陽一に違和感を感じたけどあんなもんかね。
ジョニーがやたらカッコいいし、アクアは超絶可愛いぺろぺろ。
原作プレイ済みだから、要所要所の伏線に震える。
気になるのは、同人だからできたことを商業誌で出来るかどうか、かな。
飲酒のシーンは多少オブラートに包まれていたけど、根底の設定的にちとキツい部分もあるかも。
なかなかゆっくり書いてくれているので、諸々の心配は些細なものか。
ひまわりはさりげない描写が伏線になったりしてるからなー…
原作の順序はアリエス→アクア→明日香ルートの順で固定。
アクアの話が見れるのはいつになるのやら。
好きな順位は明日香アクアアリエスルートの順。
(好きなキャラは断然アクアですがなにか)
っていうかfateもそうだけど、
攻略順序が固定されてる作品ってだいたい最後のルートが好きになるようにできてるよなぁ、とか。
(個人差あるよわかってるよ俺知ってるよ)
まぁそこらへんはウン年後を楽しみにしておこう。
PSP版は購入確定済み。
PS2版がついてくるという謎の限定版も欲しかったけど、
いろいろと場所を取りそうなものもついてくるのでスルー。(保志ボイスはPS2版にしかないっぽい…)
ボイスがついて新規シナリオもあってプレイ済みでも楽しめそうだ。
BGMはどうなるのかのう。原作ではフリーのを使ってたけど………
結構好きな曲あるから使ってほしいなぁ。SENTIVEさんとこの最期に君がいたとか超名曲。
まぁプレイする時間があるかってーと答えはノー。忙しい時期だからなー、4月。
あーでも俺忙しくてもゲームとかする人だからわからんなw


・アルトネリコ2
あぁん、母さんぅううぅぅぅ、ぺろぺろ。
ルカルートだけどルカを戦闘に参加させないという暴挙。
ルカはCSL4やって止めてるけどシュレリア様はCSL5やったし(パラダイムシフトは起こらないけど)、
レプレキアもある。ジャクリもCSL4までだけど趣味で使ってますはい。
シナリオはPHASE4に入ったとこらへん。
タルガーナのシーンよかった。CGまで用意されてるとは。
アヤタネといい、アルトネリコは何げに友情も描いてくれて良いな。
ぐりりばパーティには加えられんのかのう。
敵になった幼なじみと和解して共闘は王道だと思う。
あと、代わりではないけどシュンちゃんがパーティに加わるとは思ってなかった。
レベルは少し高かったけど攻撃がレベル2までしかないから戦闘には使わんけど。
そしてなによりインフェルスフィア。
ルカさん…
楼座さんと似た魅力を感じる。
癒し系の常識人→ヒステリックママみたいな。小清水さんだし。
まあ万年筆で敵の群れに飛び込んだりはしないだろうなw
シュレリア様は剣で雑魚兵を吹っ飛ばしてたけどwww
小清水さんの低い声が好きです…。他になんかいるかなー。
シュレリア様とルカも本音をぶつけあって少しづつ近づいていってるかな……
と、思ったら衝撃の事実。
まさかの………





・ひぐらしのなく頃に誓
ツタヤで借りてきたよー(´∀`)
少し長くなったので追記から
ゲロカス注意報



うおおおおおおお来いよォオオオォ!!
記事の続きを読みたいヤツからクリックしろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!
| 月泣 |

空と海


習作……のつもりだったのに……
前作が少し無理してたから今回は抑えようと思ってたのに、大分見づらいMADになってしまった
コンセプトはブチ壊し妄想。

いろいろいじってたら面白い効果が出来たのでフル活用してみた。
コントラストや色相を変える編集は結構前から使ってたけど、
ここまで使用頻度が高いのは過去最高か。少し見づらいかも。
切り抜きは1カットのみ。しかもこれクロマキーすればよかったんじゃね?ってレベル。
そういう意味では前作より楽してる。
っていうか、エフェクト面ではvideo studioの機能に頑張ってもらったのがほとんどだから、
どっちにしろだいぶお手軽なMADなのであった。

選曲はかなり悩んだ。
ダークな曲を使いたい、程度は考えてたけどなかなか決まらず。
クオリアとかディスペアとかも候補に挙がってたっけ。
曲が決まらないから先に文字の演出を作ったりしてたなー。
んで結局うみねこの曲をば。
この曲自体は初めて聞いた時から一度使ってみたいと思ってたし、雰囲気もGOOD。
歌詞の解釈が真里亞で固定されてたけど、EP6で変態探偵やベアトの曲としても考えられるということに気付いたので無問題。
変態探偵自身も「真実はひとつじゃない」って言ってたし。
(これもうみねこのテーマのひとつっぽいよなーとか)
意図せずして前作のうみねこ×ソラヲトとはの逆のコラボに。
妄想具現という作風も同一。
画質は今後の課題のひとつか。
エフェクトのせいで汚く見えるってのもあるだろうけど、何もないとこでも粗が目立つ。
というのも、aviでエンコードすると音ズレを起こすというトラブルが発生して、
仕方なくwmvでエンコードする羽目に。慣れてればwmvでも十分高画質にできるんだろうけどさー。
本当にどういうことなの……

ソ・ラ・ノ・ヲ・トにも触れておこう。
あれはいうなれば万能型妄想促進作。
萌え豚な妄想にも厨二な妄想にも対応したすげー面白いアニメ。
時にさりげなく、時にあからさまに重い展開を予測させる描写があったり。
「巨大な蜘蛛の力」を借りたがそれだけでは「見えない死神」には勝てない
しかし耳スペックの高いカナタなら見えなくても敵の位置がわかる!これで勝つる!!みたい展開を妄想。
「ラッパを吹けば悪魔も叫ぶ」と取れる伏線もあったし。
流行り病?の影も見えたりで、いろいろと気になることも多い。
伏線バラ撒いて放置で終わっても面白いんじゃないかなと思う。
語らない美学というか。
単なる日常アニメとしても楽しめるし、今後が気になる作品です。(投げた)


・kanon
少し前に見終わった。
非の打ちどころがない
アニメ化としてすべきことを全てやりきった感じ。
願い事に関するとこも原作の記述に補足をつける形で解決。
最高だった。

・神様ドォルズ6巻
語られる8年前の出来事。無人案山子とのバトルが超熱かった。
玖吼理の左腕はやはりすごかったのだ……
まひろの登場で更に乱れる状況。なんだかんだくーこはカッコいいやつだ。
はやく続きが読みたい

・アルトネリコ2
ルカルートへ。
戦闘が面白すぎる。
しかし、前作以上にヒロイン(ってかルカ)の内面が酷く歪だ。だがそれがいい
いやー。あそこまで黒いこと考えてたとは。まぁこれもまだまだ序の口か。
今はゴミ掃除とか面倒なことばかり押し付けられてもう



うおおおおおおお来いよォオオオォ!!
記事の続きを読みたいヤツからクリックしろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!
| 月泣 |

法子と砲口

2月12日をもってローソンでのバイトが終了した。
まあ最終日だからといって特別何か変わったことがあったわけでもなく、
いつもどおり終了。
俺のコンディションは何故か絶好調。
実は2月11日の昼に起きてから寝てない。
40時間近く起きっぱなしだろうか。
普通の人がどうなのかは知らないけど、自分としてはなかなかの暴挙。
確かに学校もほぼ終わったようなものだけど、生活習慣を崩しすぎたか。
でも、妖精に仕事を手伝わせることなく無事にバイトは終わった。
んんん…どういうことだってばよ
まあいいや。偶然調子がよかったんだろう。

そしてそんなに起きていてなにをしていたかというと、
ラジロン(二周目)聞きながらいろいろ周ったりすごラジ聞きながらいろいろ周ったり、
ゲロカスを書き綴ったり。
ゲロカスは本当にひどかった。
考察とかするぜって記事を書き始めたのに厨二全開自己満足の独りよがり
極論を言ってしまえば一行で説明できることを無意味にダラダラと。
本当にもったいない時間を使ってしまった。
気付かれないように上げるかもしれないしお蔵入りしてしまうかもしれない。
まあ気分によりけり。


あと少し前からアニメ版のkanonを見始めてた。
流石京アニと言わざるを得ない出来。
あれが京アニの本来あるべき姿なんや……!!
なんというか、何から何までウマいんだよなああ……
kanon自体がよくできてるお話で、
原作プレイ済みの俺でも十分楽しめている。
(二度目だからこその楽しみもたくさんある)
あぁん、舞ぅううぅぅぅ、ぺろぺろ
あー幸せだなあ…
京アニ信仰とまではいかないにしても、
俺の好きな作品をここまで納得できるレベルでアニメ化してるのってかなり珍しい。

「好きなアニメ」として名前を幾つか挙げる機会があると、意図的に原作が別にあるものは挙げないようにしているんだけど、そんなに片意地張ることもないんだよなあ……

まあ冷静になってみるとそんな狂ったように褒めちぎるほどか?
と脳裏によぎったので不安な点を挙げてみると、
願い事の回数制限。
さあどうなるかな

・アルトネリコ
オリカルートクリア!!
ミシャルート以上にアレだった。
延命剤のシーン。
ああ、こりゃソッチ方面の話題ばかりが先行して広まるのも無理ないわなあ、と。
まあそれも悪いことでもない。
どんなきっかけにしろ作品に興味を持ってもらえるのは良いことだ。
俺もソッチ方面に限りなく近い方面からアルトネリコに興味を持っていったわけだし。


・アルトネリコ2
そんなこんなでプレイ開始していました。
1とはまた随分違った戦闘システムで。
ハーモニクスとかの仕組みとかもなかなか難しい。
慣れるまでが少し大変そうだ。
上下同時にタイミングずらして攻撃とか勘弁

主人公は良くも悪くも普通。私服姿で眼鏡たあ…!
ヒロインはどっちも良いぞ。どっちのルートから行くか……。




うおおおおおおお来いよォオオオォ!!
記事の続きを読みたいヤツからクリックしろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!
| 月泣 |

猫と箱

・漫画うみねこEP4 5話
1
2
3
シュレディンガーの猫について。
そういえば随分昔の話だから記憶もあいまいだけど、
EP2発売後くらいから通説となった『下位戦人が目撃したか否か』を軸とした魔法否定。
当時からノックスとかを持ちだしていたかは知らないけど、
今では推理には欠かせない要素のひとつ。
一番最初にそれを言いだした人はすごいなー。俺じゃ思いつきもしない
うみねこの面白さのひとつに「リアルタイムの面白さ」が挙げられる。
アニメ組はネットでの推理等を見ない人が多いだろう(ネタバレもあるし)
そこらへんにも差が出たのかなーとか思ったり。まぁそれ以前の問題なんだけど。

話は少し変わり、
うみねこのアンチスレは結構好きでたまに見に行くんだけど、
たまに面白いことが書かれてたりであなどれない
明らかに俺なんかよりうみねこをよく読んでる人もいたりして…
アンチとは本来そうあるべきだよなぁとか思ったり
アンチの傾向もアニメのみの人と原作プレイした人とで少し違うんだよね。
アニメのみの人は単に物語にケチをつけてるだけだけど、
原作をプレイしてる人は原作者に対して嫌悪とか憎悪とかを持ってる人がいたりして少し面白い。
(面白いってのは「wwww」ではなく「ふむふむ」の意味。)
アンチと仲のいい信者に、私はなりたい。



私が1月14日に投稿した動画が月間うみねこランキング1月分の16位にランクインしたそうよ。
今まで投稿してきた動画の中では最高マイリス数なのだけれど、上には上がいるということね。

1位は毎期恒例の『登場人物へ一言』の動画。
圧倒的コメント数は相変わらず。
2,7位のMUGENベアトは圧巻。
あの技術はすごすぎる。
使いたい。
他にも素晴らしい動画が盛りだくさん。
18位のロードス島戦記のパロはぶっちゃけ歴代1位の動画に負けないクオリティの高さだと思う。
なかなか伸びないのは修正版だからか?

さて、アニメも終わり、次のEPは夏だし、うみねこネタも少しおとなしくなりそうだが、
ニコニコにはどういう影響が出るだろうか……
俺もうみねこだけでやりたいネタが2、3あんだよねー。
時間があるときに取り組みたい


| 月泣 |

日本と人間

・アルトネリコ
ミシャ→シュレリアのエンドも見た。
ミシャエンドと大して変わらんなー。
まぁこの分岐はあくまでおまけということか。
あと、光の御子とも5回戦ったんだけどやっぱ手ごたえがないなー。
いろいろアイテムを作れるのはこの作品の長所だと思うんだけど、
調子に乗っていろいろ作りすぎるとインフレ起こすな。
……
ちょっとレビューを見て回ってみたけど、そもそも難易度は低めみたいね。
せっかくあれだけ強化の幅が用意されているのだから、敵はもっと強くてもいい。
好みの作品だけど、あえて不満点を挙げるならロードとイベントCGの少なさと難易度。
そのみっつくらいかな。
好きな点は今までもちょいちょい挙げてたけどここで特筆するなら、
シナリオを盛り上げる数々の名曲たち。
どの曲もシーンに合っててよかった。ファンタスマゴリア?が好きすぎる。
なんて言ってるかわからんけど。



・おおかみかくしアンソロ
本編か外伝かと思ったけどアンソロでした。
まぁ最近はアンソロジーもわりと好きだからいいけど。
ネタの被りっぷりがすごかった。
うん、でもあれらは仕方ない。俺もプレイしてて思った。
話は少し変わり、
アニメのおおかみかくしは現時点ではわりかし満足……
なんだけど、ひとつ綻びを見つけるとその部分ばかりが気になって気になって。
賢木の描写が本編と同時進行なのは尺的に仕方ないとしよう。
冒頭のシーンが変わっていたこともあって、賢木への感情移入が弱くなりそうだがまあ割り切れる。(個人的には一番好きな部分だが)
だけどひとつ。
ひとつだけ気になるところがある。
おおかみかくしの物語が伝えようとしたテーマに関わる大事な部分。
まだ途中だから多くは言わないけど、
妹という、主人公にとても近しいところに位置しているキャラクターに身体的ハンデを追わせたことにも意味がある。
無駄なお色気をやるくらいならそういう描写をやるべきだよなー…と、思いましたとさ。
アァァァァイスコォヒィィィィィィィィィィが…飲みたくなったわ……(?


東のエデンの劇場版を見てきました。
最近アニメ映画が多くてなかなか映画を見ない私も重い腰を上げざるを得ない。
東のエデンは以前から友人に勧められていて、最近見終わった。
映画への布石だったのね。間に合ってよかった。
テレビアニメ本編の感想は、主人公いいやつだなーというのがまずひとつ。
1話。いきなり全裸&記憶喪失という、ある意味絶望的な状況の主人公。
でも、困っていた咲を見捨てることなく助けた。
7話。ジョニー狩りを行っていた黒羽をも救ってみせると言った。
迂闊な月曜日。多くの人を救うために奔走し、結果、ひとり悪者を演じきった。
記憶があろうがなかろうが、ノブレス携帯があろうがなかろうが、彼はとことん善人なんだなあ、と。
見ててイラつかないタイプの善人。

そしてもうひとつ。
この作品のテーマであろう「社会と人間」。(俺はそう感じた)
現在の日本の社会問題のひとつとして挙げられるのがニート。
この物語では、彼らが重要な要素のひとつとして描かれている。
ラストでは、彼らの知恵があったからこそ日本が救われたともいえる。
ニュースやテレビのおかげで、自堕落で無気力な存在というようなイメージを植え付けられている彼ら。
社会に追いやられた被害者であったり、信念を持ち夢を追うものであったり。
実際、自堕落なだけの人もいるだろうが、すべてがそうであるというわけではないだろう。
本編中にあった「不確かな情報や都合のいい噂で簡単に意見を変えてしまう無責任な大多数」という台詞。
まさに今の日本そのものだと思う。(俺の言えたことじゃないけど)
そしてその日本を変えようと12人の人間が選ばれ、競わされる。
与えられたのは100億円の入った携帯電話と驚異的実行能力を持った秘書、ジュイス。
携帯でジュイスに実行して欲しい事柄を伝え、実現容易度に応じて金額が引かれていく。
殺人依頼に50万かかったり、総理大臣に「ギャフン」と言わせるのには60円だったり、基準はよくわからない。
ノブレス携帯を用いた駆け引きもこの作品の魅力。

まあここらでまとまりのないことをつらつらと書き連ね続けるのは自重して、そろそろ劇場版の感想に移りたいところ。
考えるのは嫌いだし疲れたので過剰書き。
・本編の謎が明かされたり明かされなかったり。
・新たな謎発生。
・ジュイスは俺の秘書。
・AIR KINGかっこいい
・ジュイスは俺の秘書。
・東のエデン、起業。すごいなー
・劇場版で初登場したセレソンも面白いキャラだった
・笑えるシーンもちらほら
・ジュイス可愛い
・院長生きてた!よかった
・みっちょん可愛いよみっちょん
・被害者最強同意
・ミサイルでジュイスを破壊とか。その発想はなかった。物部さんぱねぇっす

特筆するならそんなところ。

劇場版も咲視点が多かったかなー。
咲と再会した滝沢は記憶を失っていたけど相変わらずの善人で安心。
そしてジュイス。
テレビアニメのほうを見ていて気付かなかったけど、
各セレソンごとに別のジュイスがついてたのな。
(態度が違うだけ?とも思ったけど本体の機械が別々に存在してた)
黒羽のジュイスはおどおどしてて可愛い。
声が遊佐さんの人のジュイスはノリのいいカノジョって感じで可愛い。
劇場版で初登場したやつのジュイスはやたらやさぐれてて可愛い。(劇場で吹いた)
滝沢が久しぶりにノブレス携帯を使った時のジュイスがやたら可愛くてやばい
スーパーコンピューターとは思えない可愛さだ。
いや萌えとかそういう作品じゃねぇからこれ

とにかく、テレビアニメでの謎を解決しつつ、次の映画に向けて新たな謎を展開…といった感じ。
決着は『劇場版II Paradise Lost』で、か。
しッ知らない知らないッ!!
ティルナノーグなんて知らないッッ!!!




うおおおおおおお来いよォオオオォ!!
記事の続きを読みたいヤツからクリックしろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!
| 月泣 |

詩と願い

2月分
01:漫画版おおかかみかくし
19:神様ドォルズ6巻
22:ソウルイーター16巻、清杉ろ3巻ひまわり1,2巻
24:ほのぼの罪滅ぼし編
25:デモンズソウル(ベスト)、CROSS†CHANNEL、DSひぐらし絆
27:月姫7巻、ロッテのおもちゃ4巻、うみねこEPX

漫画版ひまわりはどんなもんかな……
同人→ガンガンで漫画連載はひぐらしやうみねこが成功してきたから多分期待できると思う
そういう問題じゃないのはわかってる。

ひぐらしDSはようやっと完結か。
相変わらずアルケミストはせこい商売をやってるみたいで気にくわない
PS2で出したものをDSで四分割して出す意味がわからん。今更だけど。
でもPS2版では未収録(死ね)だった祭囃し編がDSにはあるみたいなので買う可能性もなきにしもならず。
アニメでは聞きたい台詞がほぼ全滅だったからなー……
ってーか俺澪尽し編(オリジナルの最終章)が嫌いなんだよなー。
プレイしてないけど。
大人組が空気と聞いた。
ひぐらしのテーマを否定したようなものじゃないか
あと羽入は宇宙人じゃないです
どっかで竜ちゃんが澪尽しは祭囃しの対になるっていうようなことを言ってたけどまさにそのとおりだよなー。
そんなこんなは置いておいて、
俺個人としてはオリジナルとかいらんのでもっと安くしろと言いたい。
DSで出題編と解答編をそろえたら原作の5倍近い値段にならないか……?
ミズハスがいるからって釣られないんだからな!!

ほの罪発売は予想外。
見かけたら衝動買いするかも。(計画的衝動買い!)




・アルトネリコ
ミシャのルートで、
シュレリア様スルーエンド(仮)と答え見つけてないけど平和エンド(仮)見た。
アヤタネ絡みのイベントが好き。
アヤタネの「せめて君ではない誰かに討たれたかった」うんぬん。
まぁ生きてたけど。
あと再会のシーンのライナーの台詞とかも好き。
ライナーいいやつすぎる………おまえ余計なこと言うなって思うこともあるけど。
それも彼らしい。長所だよね。
ちゃっちゃとクリアしようと思ったのについつい寄り道をしている私です
グラスメルクにハマったりなんだり。
その結果大分強くなったんだけど、敵がやたら弱い。強くしすぎた?
まぁ、アイテム入手が運じゃなくてハーモレベルで決まるからダレることはないんだけど。
戦闘が単調にならないのが良いよい。
システムの随所で絆が感じられるのがいいよなー。

……っつーことでミシャと旅エンドに到達しました
クリアしてから記事書き始めればよかったなって本当に思う。
シュレリア様に浮気しそうになったが耐えた。えらい
まあ、最後の選択肢を変えればシュレリアエンドも見れるようなのであとで見ますとも。
問題はオリカ。
PHASE2の選択肢の前でセーブしてるからある程度楽だけどぶっちゃけめんどくさい。
んんん…
でもミシャルートとはいえ、オリカにも結構深いとこまでダイブしたんだよなー…
いろいろ見ちゃったもんだからやっぱオリカのエンドも見たいというのが正直なところ。
戦闘に手応えがなかったから何か縛ってプレイしてみよかな。グラスメルク封印とか。
オリカルートもやるぞー!

あと、ディドゥーンを聞いてて知ったんだが、2の主人公、遊佐さんなのね。
らっきょのアルバやおおかみかくしの賢木の人が主人公かー……
楽しみ楽しみ。私は犬です
ヒロインがみゆきちと小清水さんなのは知ってのとおり
PS3を使うのは少し先になりそうだ。



以下コメント返信



うおおおおおおお来いよォオオオォ!!
記事の続きを読みたいヤツからクリックしろよォオオオオ、
うをおおおおおおおおおおオオオォオオオォオッ!!!
| 月泣 |
| 月泣 |