スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<<夏とアニメ | 月泣 | 大いにうたわれるものたちとバトン>>

トラウマイスタ 最終話 感想

トラウマは逃げるためにあるのではなく、
乗り越えるためにある
そのための力こそ、勇気

On Another's Sorrow




終わったーーーーー!!!!
よくぞ描ききってくれた中山先生
よくぞ描ききらせてくれたサンデー!
掲載順位的にもそれほど悪待遇というわけでもなく、結構扱い良かったっぽい。アンケートの結果、よかったのかな
まぁ、いつもどおり、後ろから二番目だろうと思って真ん中より少し後ろのページを開いたら見事トラウマイスタに的中という

今まで、このブログで散々トラウマイスタをネタにし、毎週のように感想を上げてきたわけだが、それも今週でおしまい
元々ネタにしてたのも布教のため…だったのかもしれないけど、週が進むにつれて内容に触れすぎてネタバレオンパレードの自己満足記事になってしまったな…しかし毎週とても楽しませてもらった。
ハッピーな最終回を望んできたのも事実だが、いざ終わってしまうと寂しいものがあるな…ブログのアクセス数的にも
とりあえず、最後までテーマを貫き続けた漫画だった
トラウマは乗り越えるためにあるのだ、というテーマを。
勇気を、ありがとう。


単行本4巻が7月17日、最終5巻が8月17日(だっけ)に発売します
このブログの下のほうにバナーがあるので、発売した折には中山先生のブログのリンクから買ってください(中山先生はアフィリエイトをやっていらっしゃる


・ピカソのテロとか
スジャータの能力で世界のみんなのチャンドラやトラウマイスタに関する記憶は消えた模様
ごつごうしゅぎ!!だがそれがいい!あるいみおうどうだし!
ピソカは今まで頑張ってきたのだから、多少強引にでもハッピーエンドに持っていって欲しいと思っていたんだ。ほんとだよ!

・シエナ
頑張れ。超頑張れ
彼女のトラウマはなんだったのだろう
彼女のアートマン、スジャータはシエナにそっくりということを考えると、自分自身がトラウマだったのかな
スジャの有する能力、審議眼は相手の素性とか能力とかを読み取れる
『人を見る目のない自分自身』がトラウマ…?
つまり、チャンドラに力を貸してしまった愚かな自分がトラウマに…?
そうなると、反魂香を完成させたのはチャンドラが出来た後ということになるから矛盾が生まれ…るわけでもないか…?よーわからん!
単行本で補完してくれるかなぁ?

彼女は、世界中の反魂香を回収する旅に出るらしい
それが、彼女なりの償いなのだ、と
頑張れ。超頑張れ
スジャータの能力でトラウマイスタに関する記憶は世界から抹消されたからあんま意味ないっぽいけど

・ファーブル
ピカソ先輩と結ばれたようで。
おめでとうございます
…ハタから見たら付き合ってるようにしか見えないわけだが、ピカソはファーブルをどう思ってるのだろう
そういう描写はなかったけど、一生スジャータ一筋ではなくて、ちゃんと幸せを見つけて欲しい気もするが…?

・センゴ
登場タイミングが遅れたおかげで結局アートマンの能力がなんだったのかはわからなかった
大きな役目は腐女子を釣ることとピカソの勇気の剣を習得させることだった
どうやら、アイドルをやめて路上で歌ってるみたい
元人気アイドルのはずが、道行く人たちの視線が冷たかったのはなんでだ
自分勝手な理由で芸能界引退にあたって、マスコミに叩かれまくったのかな
これだから………でもセンゴはとても幸せそうなのでよかった
元々センゴがアイドルになったのって、チャンドラを潰すためだと思うんです。個人的には
父がチャンドラに殺された復讐をするために、アイドルに…って無理があるわ!!
ともかく、審議眼によってトラウマイスタ関連の記憶は消えたので、復讐心に囚われる事はなくなったわけですか
頑張れ。超頑張れ

・チャップリン
こいつなにやってんのいちばんわけわかめ
テレビをジャックして「力のあるやつは使え」みたいなことを言っていたが…
ん?俺?俺ニートじゃないよホントだよ。力使ってるよ

・勇気の翼
ラストバトルではピカソの背中から翼が出るものと勝手に予想してたが出なかったなー
一番最初のゲルニカ戦(2話)では出てたけど、結局それっきり
でも、それでよかったのかも
勇気の翼は特別なものではない。勇気の翼は、誰にでも宿っているのだから

・最大の疑問
3巻後半のカミーユが死ぬ時のシーン
「死ぬ前に社長に会いたかった」
社長→ 
こんなやつだぞ

・記憶
スジャータの審議眼によってトラウマイスタ関連の記憶は世界から抹消されたわけだが
センゴはピカソのことを忘れたのだろうか
チャップリンもピカソを忘れたのだろうか
でも、ファーブルがピカソを好きなままでいるってことはある程度覚えてるのかな
トラウマイスタに関する記憶を失っても、センゴがピカソを想う気持ちや、チャップリンがピカソを好敵手だと思っている気持ちも、失われていない…のかな
よーわからん!!






中山敦支先生お疲れ!勇気をありがとう
中山先生には『なんだかんだ王道』な漫画を描いていて欲しい
驚きの展開や超演出で魅せるその実力
多分、彼は最高峰の漫画家さんなんのだと思う
それでも、作風が独特なので毎週巻末付近…みたいな。そんな漫画を描いて欲しい

次回作も是非サンデーでやって欲しいです。っていうかやってくれるっぽいです
嬉しや
ずっと待ってます。頑張れ

とりあえずサイン色紙50枚頑張れ


<<夏とアニメ | 月泣 | 大いにうたわれるものたちとバトン>>

コメント

from 湊紗

素敵な漫画を教えて頂いてありがとう

from ふうと

終わりも、打ち切りにしてはかなり良いカタチで終わらせていて...てか、私的にはかなり最高に近い部類でしたけど...最後まで素晴らしかったですね><

先週の魔王よろしく、目から汗が出そうでした^^;

最後の文字攻撃はヤバかった...

てか、一瞬見たときは、テニスの王子様の最終話を思い出して
「まさかここに来て黒歴史を作る気か…?!」とか思っちゃいましたが

そこは、さすがトラウマイスタでした。

次の作品は最後まで描き遂げられることを願ってますb
...と言いつつ、アンケートには魔王を書k(ry

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://mooncryed.blog105.fc2.com/tb.php/377-70519f33

| 月泣 |