スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<<天才とアレ | 月泣 | 夏とアニメ>>

片翼の鷲と蠍のお守り

うみねこのなく頃に 第2話 『first move』 感想

「顔が、



雨の降る庭で、真里亜に傘を渡した人物は何者なのか
問いかける親族たち
しかし、真里亜はベアトリーチェからもらったのだと、訴え続ける

疑問を残したまま食事が終わり、真里亜は手提げカバンからベアトリーチェから受け取ったという手紙を取り出し、読み上げる
その内容は
・ベアトリーチェは金蔵に仕える錬金術師であるということ
・長年に渡って契約が続いていたが、金蔵がその終了を宣言したということ
・ベアトリーチェは金蔵に黄金をあげたよっていうこと
・でも返してもらうよっていうことと、
・その黄金の存在によって生まれたもの、つまり右代宮のみんなとかいろいろもらうよっていうこと
・でも肖像画の下にある碑文の謎を解けば助けるよ。黄金もあげるよっていうこと。
 →碑文って?
   →アニメの公式サイトで全文見れるよ。推理したい方は一度ゆっくり見てみると良いです。
     無駄だろうけど


悩む右代宮の面々

そんな中、頭脳明晰でCV田中敦子の霧江さんが戦人の元へ
戦人は母である霧江さんを名前で呼んでいるが、いかがわしい関係というわけではない。

頼れる息子に対し、彼女はひとつの問いを投げかける
ベアトリーチェはいるのか…つまり、この閉ざされた孤島に我々18人以外の人間、
『19人目』が存在しているのか、と。
ここで霧江さんの必殺技、チェス盤思考が炸裂
チェス盤をひっくり返すというのは、ちゃぶ台をひっくり返すが如く、ド派手に吹っ飛ばすことではなく、
相手側に立って物事を考えるという思考術(なんぞ)である
チェス盤をひっくり返し、19人目の立場になって考えると、姿を見せたくないのなら真里亜に手紙を渡さずに郵送とかすればよい、存在を誇示したいのなら、直接現れればよい
…ベアトリーチェは18人の中にいる
だからこそ、19人目の人物が存在するかのような幻想を作り出している…
しかし、この推理もまだまだ穴だらけだ。
そこに現れるお調子者の皮肉屋、CV小山力也の留弗夫。
話し合いを再開するとのこと
留弗夫は去り際に「自分は今夜殺されるかもしれない」
と、意味深な言葉を残して行った………
彼は何に気付いたのだろうか。いや、彼は何を知っているのだろうか
しかし、その謎が解けることはなかった。なぜなら、

場所は移り、屋敷のどこかの廊下っぽいところ
頭痛に苦しむなっぴー
そこに、その娘である朱志香が現れる
心配するじぇし。気にするなと一蹴するなっぴー
それでも心配な朱志香はさっき(前話で)真里亜にもらった蠍のお守りを渡す
たいした効果はないだろうけど、と言う彼女だがこのお守りがなっぴーの命を救うことになる

またまた場所は移り、島のどこか
ジョージとしゃのんが露骨に死亡フラグをおっ立てた
豆知識:紗音や嘉音というのは偽名。:二人は同じ施設の出身で、その施設の出の人たちはみんな○音と名乗る…んだっけ
さりげなく、かつあっさり判明する紗音の本名。↑の説明がはしょられてるのはもはやご愛嬌

そして次の日

寡黙で渋く、金蔵がもっとも信頼している使用人の源氏さんがなっぴーを起こしに来た
何かしらトラブルがあって内線だかなんだかが使えないから来たらしい
しかし、クロスワードが趣味の一流料理人、郷田さんの姿が見えないらしい
なんぞやと思い、とりあえず部屋から出るなっぴー
そして気付いた
部屋の扉に血の手形とかいろいろついてることに
これはまるで血に濡れた手で扉を破ろうとしたかのようだ
何故破れなかったのか。娘から受け取っていたお守りのおかげなのだろうか………?

そういえば、留弗夫、霧江、楼座、紗音、そして右代宮家の長男、傲慢な蔵臼の姿も見えないらしい
ある程度探してもいない
金蔵の部屋にいるんじゃね?と、思い金蔵の部屋へ行くなっぴー
源氏から受け取ったマスターキーで鍵を開け、中に入るも、そこにいたのは金蔵ただ一人だった
そこで努力家で天然な夏妃さんは金蔵からありがたい言葉を受け取る
夏妃には、その身に片翼の鷲を刻む権利はないが、その心には片翼の鷲が、確かに刻まれている、と。
…今まで多くの苦労があっただろう
我を通さんとする親族たち。下手にプライドが高く、傲慢な夫
それでも、彼女は理想の妻であろうと、右代宮家の跡継ぎの妻であろうと努力し続けた
その努力の全てが、この瞬間に認められ、報われた
彼女は決意する。右代宮家は自分が守るのだ、と。

そんな矢先
庭の倉庫に異変が
扉には血で描かれた魔法陣
そして中には………
顔を抉られた6つの死体が
蔵臼、留弗夫、霧江、楼座、郷田、沙音
そこに“ある”“ソレ”は確かにその6人だったものだった

あまりのその惨状に秀吉は
「悪魔の仕業や」と嘆く。


違うよ




魔女の仕業だよ


続く



・感想
畜生…顔がねぇ…顔がねぇよぉぉ!!
いやー
すごい。すごい濃度。
数々の名場面が脳裏に蘇ってくるようだ
なにかとうろ覚えな部分も多いから間違いもあるかもだけど何かしらあったら指摘してくれるとありがたい
ここから物語が動き出すわけだが……
どうなる
推理は可能か、不可能か
犯人は人間か。魔女か
一人なのか?複数犯なのか?
事件は起きたのか?現実での出来事なのか?
島にいる人間は18人?19人?それともそれ以上?
考えるだけ無駄だよ


<<天才とアレ | 月泣 | 夏とアニメ>>

コメント

from ズェピア

うーうーがコワ可愛すぎる。

from 星野

2回見ないと理解できない・・・・。
とりあえずいきなり6人逝ったか。

俺のジェシカが死んだら・・・ガクガクブルブル

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://mooncryed.blog105.fc2.com/tb.php/386-cbf2dec9

| 月泣 |