スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<<カオスと百合 | 月泣 | 遅れた月初と貧相な景色>>

継承式と魔法の手

うみねこのなく頃に 第15話 Episode III-IV isolated pawn

「楽しいね楼座、楽しいねッ!!」




黄金を発見した絵羽
その背後に楼座が。
楼座も絵羽に少し遅れて碑文を解読し、この部屋にたどり着いたという
楼座の態度は悔しがっているようには取れず、余裕すら見えるが…?

原作では絵羽は楼座の言葉をきっかけに碑文解読に至った
「妹の頭の回転速度は姉マイナス1」を演じていることもあり、
タイミングや態度的にも楼座は絵羽より早い段階から碑文の答えを知り、
わざと遅れて黄金部屋まで来たともとれなくもない…

緊迫した姉妹のやり取り
楼座は黄金の分け前を三月までになんとかして欲しいと頼む。
そして絵羽も楼座に、他の親族たちに黄金発見のことを知らせるのを待って欲しいと頼む
絵羽は家督を継ぐための策を練る時間が欲しいと言うが………
黄金にすがりつく少女絵羽。
黄金も家督も誰にも譲らないと騒ぐ
そこにベアトが現われ、
右代宮家当主の証である指輪、金蔵に託したすべての黄金とそれにより築かれたすべての財産、
家督と名誉、そして無限の魔女の力と称号を絵羽に引き継ぐと言い…
poji
山羊のポジションwwおまえ量産型なのにwwwえらそうwwww
謎の場所へ移り(ベアトは黄金郷と言うが…?)、黄金と無限の魔女の継承が行われる。
杖を受け取り、怪しい服に身を包み、肖像画がエヴァの物に変わり…
絵羽は魔女になった
ベルン曰く、これは奇跡というよりも偶然だそうだ


これはどういうことだ、と戸惑う戦人
驚いているのはベアトも同じようで、碑文を解くものが現われるとは思っていなかったようだ
ワルギリア曰く、これは黄金の魔女という称号が絵羽に継承されたにすぎない
今の継承式は称号が継承されたということをベアトの解釈で演出しただけ、とのこと。

そんなことができるのなら、今までの魔法による殺人もベアトの演出であった、と取れなくもないが…?

若返った絵羽のような分身は、ロノウェ曰く、絵羽の内面の視覚化と捉えても差支えないとのこと。


屋敷に戻った絵羽と楼座
熱っぽいと言い、部屋に下がる絵羽と秀吉
秀吉の手は魔法の手。秀吉の手で絵羽の熱が引かなかったことは一度もない
魔法は本当にあるのだろうか、と問う絵羽に対して秀吉は、
「ああ。信じる者にしかわからへんけどな。」と答える。愛がなければ視えない
絵羽の中の魔女がベアトリーチェに触発されてどんどん大きくなり、支配されてしまい、自分が自分でなくなってそうな気がすると恐れ…
そこに部屋の外で真里亞の泣き声が。
嵐で薔薇が心配だと言う
仕方なく様子を見に行く楼座と真里亞。
薔薇は無事だったようだ。
そこに人影が…
咄嗟に銃を構える楼座
rozajuu
rozajuuu
rozajuuuuu
ずいぶん様になっている。
しかしその影は絵羽だった。

絵羽は熱で寝込んでいるはずでは…?

安心するも困惑する楼座。黄金の話の続きなのか?と問う楼座に対しイエスと答える絵羽
約束は守るから真里亞の前でその話はやめろと言う楼座
分け前がもらえればそれでいいと言うが、それに対し高笑いする絵羽
これは誰だと困惑する真里亞
部屋には苦しむ絵羽の姿が
黄金は自分の物だ、渡さないと豪語し、魔女へと姿を変えるエヴァ
魔女の姿に歓喜する真里亞。

真里亞はベアトリーチェを知っているはずでは…?
にも関わらず、目の前に現れたエヴァ=ベアトリーチェをベアトリーチェと呼ぶ真里亞…
真里亞のベアトリーチェの認識はその程度なのかもしれない
魔女っぽいコスプレをしてベアトリーチェを名乗れば真里亞を騙すことは容易に思える

自ら復活の儀式を行うというエヴァ。
空中へと飛ばされる楼座と真里亞
降ろせという楼座
エヴァは人間は大地に這うのがお似合いと言い、二人を大地に叩き落とす。
楼座と真里亞は死んだが、魔法によって生き返らされ、魔法による拷問が繰り返される


それを見て、笑うベアト
同意を求められるも強く反対し、ベアトに手を上げ、その場から去る戦人
面白いものではないか、と戸惑うベアト。
ワルギリアやロノウェも呆れ、その場から去ってしまうのであった


はしゃぐ絵羽
倒れる楼座と寄り添う真里亞
そこに現われ、殺す手本を見せるといい、
真里亞と楼座をあっさり殺すベアト
これからは黄金の魔女の名にふさわしく、気品を持てと言い、ベアトは去った
戦人たちの言葉に影響を受けたのだろうか。ベアトも今まではやりすぎたと反省しているようだ
しかし、エヴァはそれが気に入らないようで…?

続く

・今週の楼座
roza
銃を構えるカッコいい楼座さんもよかったけど、
自らが死に瀕していても娘を思う母の姿は素晴らしかった


<<カオスと百合 | 月泣 | 遅れた月初と貧相な景色>>

コメント

from ズェピア

何にせよ、こんなんで魔法否定出来るわけ無いじゃんっていう。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://mooncryed.blog105.fc2.com/tb.php/413-5c6c7b7e

| 月泣 |