スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<<本物と未来 | 月泣 | 黒銀と黄金>>

真実と自己満足

うみねこのなく頃に 第21話 「EpisodeIV-III prophylaxis」

「愛がなければ視えない」
「愛がなければ視えない」
「愛がなければ視えない」

「愛がなければ、視えない」


昨日までの自分が、許せない


3つくらいの時系列がたびたび入れ替わってわかりづらいEP4
その話もひとつの折り返し地点にたどり着いた

今回のお話
・真里亞側
今日もママはお仕事が忙しくて帰ってこれない。
一人の夜を過ごす真里亞
いつも通りコンビニへ行き、夕食を買う真里亞
しかし、家の鍵がない
どこまで落としてしまったらしい
結局鍵は見つからず、交番へ。
2
CV茶風林
おい、俺おまえ知ってるぞ…刑事魂がどうこう言ってたアイツ……
そんなことはない。
楼座の会社へ電話するも、楼座は彼氏と北海道へ行っているという。蟹を食べに。蟹!!
結局連絡はつかず、後日家に変なおばさんが
(たしか教育委員会とかPTAとかそっち方面の人)
『夜一人で夕飯を買いに来るライオンのぬいぐるみを抱いた女の子』が近所で噂になっていたらしい
おばさんに責められ、楼座は怒り狂う
さくたろうを家の外に出してはならないという言いつけを破った真里亞を責め、手を上げる楼座
おばさんはそれを制止するも家の外においやられてしまう
さくたろうを演じる真里亞
しかしそれは楼座の怒りを加速させることにしかならない
真里亞が学校にも゛お友達゛を連れて行っていたのではないかと問う楼座
真里亞は森の音楽隊の4人のうさぎたちを学校に連れて行っていたという
4
悪い魔女はそのうさぎのうち一人を真里亞の手から奪い取り、
床に叩きつけ、殺した

他のうさぎさんたちは見ていることしかできない。
真里亞は泣くだけ。
その鳴き声も楼座の怒りを加速させただけ。
ママと仲良くなる魔法の言葉。
真里亞が一番最初に覚えた魔法を、母は完全に否定し、
ついに楼座はさくたろうを真里亞から奪い、
さ く た ろ う は 死 ん で し ま い ま し た
「 さ く た ろ う は 死 ん で し ま い ま し た 。 」
さくたろうは死んでしまいました。

真里亞は復讐を誓う。
悪い魔女にもさくたろうと同じ目に遭わせてやろう、と。

・縁寿側
テストの点数が悪く、クラスの平均点を下げただとかでクラスメートに反省文を書かされる縁寿
何度も反省文を書き直させられ、周りからの嘲笑を受け、
「頭が悪い」「協調性がない」「なんで生きているの?」と罵詈雑言を浴びせられ、涙を流し、
七杭たちに皆殺しを命じるも、
縁寿が自らの手を血で染める覚悟がなければそれはできない、と一蹴。
七杭や真里亞、さくたろうは縁寿司の中の妄想の存在であるということを認める縁寿。
縁寿に存在を否定された七杭は粉々に砕け散り、消滅してしまった
縁寿は結局、自分は生きていても仕方ないと結論付け、倒れてしまった

1998年
六軒島を目指し、天草と旅をする縁寿
天草の「自己満足こそ人生。誰に褒められたって自分が納得できなければ意味はない。誰に褒められなくたって自分が納得できればそれでいい。」という言葉を受け、魔法は疑う者には虚実だが信じる者には真実であるという悟りに至り、再び七杭を呼び出す
そして、死んだはずのさくたろうをも呼び出すことに成功する。
事件の真実を知るという目的と、真里亞に謝罪するという新たな目的を持ち、縁寿は六軒島を目指す




小此木、雲雀13っぽい人に続き、大石さん、そして
wwww
はにゅう丸という謎のひぐらしネタラッシュに目が行きがちだが、
長らく続いた過去話もそろそろ佳境
楼座のクズ親っぷりや縁寿の置かれた辛い境遇など、なかなかに重い
だけど次回からどうにか前に進めるか…………?

しかし、今回の話でうみねこの魔法殺人等の真相に限りなく近いなにかを垣間見た
今までの魔法による殺人も今回のマモンの台詞を考えると……?

魔法を信じない者の世界には魔法は実在しないが、魔法を信じる者の世界には魔法は実在する
つまりはそういうことなのか…?
今までの物語の幻想シーンも、
誰主観での場面なのかを考えてみるとまた違ったものが見えてくるかもしれない
愛がなければ視えない。


<<本物と未来 | 月泣 | 黒銀と黄金>>

コメント

from 湊紗

最後の画像リンクの手の入れように・・・

from 星野

いやむしろ月宮あゆみたいな格好にツッコミを

しかしやっと面白くなってきましたね
時間軸がごっちゃにならないようにして見ないとな

from ズェピア

ゆのォッッッッチ!!!

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://mooncryed.blog105.fc2.com/tb.php/424-4cc1d417

| 月泣 |