スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<<泡と痛み | 月泣 | 蔦といつものぶん投げ>>

月とドリル

04:.hack//Link、バクマン7巻
10:禁書20巻
11:暁のアマネカと蒼い巨神PSP
18:イースI & II・SEVENセット
25:プリニー2、うみねこEPC3、うみねこ餐6
27:真月譚 月姫8巻、ひだまりスケッチ5巻

青はいつか買うかもしれないもの。
ゲーム積みまくってるので購入封印。
うみねこアンソロは元気だなぁ


・グレンラガン ~8話再視聴
アニキー!
やはりアニキはカッコいいな
二度目の視聴だからこその発見もあり。
1話冒頭のシーンはなんだろう…
大グレン団の旗があるし、たぶん本編終盤のシモンだろうけど、いろいろと差異が……
深読みするとこではないだろうけど気になる。
そして、風呂回での「月まで行こう」というアニキの台詞がもう……
アニキは月には行けなかったけど、アニキがいたからみんなあそこまで行けたんだぜ………

・アクセス解析
最近あまり面白くないなー
アクセスカウンターによると、アクセス数は一日平均20~30前後で以前のままなんだけど、
ワード数はかなり減ってる。
トラウマイスタ連載時は水木曜日に一日100ヒット越えとかしてたんだけどね。
単体ワードの検索数も、一位と二位は200越えだったし。
今では一番多いワードが128で、二番目が19。随分と劣化したもんだ。
決して少ないわけではないんだけど。あの頃はすごかったなぁ…という雑記。




・とある科学の超電磁砲に関するゲロカス
「ポルターガイスト編はレベルアッパー編の結末を描く作品」
(↑どっかのインタビューより引用)
レベルアッパー編の結末と言われましても……
自分の解釈ではレベルアッパー編自体が妹編を強調するために作られたエピソード。
レベルアッパー編を悪く言うと、
「レベル5がレベル0の集合体っぽいものに喝を入れてぶっ飛ばす話」
レベルの低い人間を見下している言動(意図の有無は置いておいて)の目立つ美琴。
レベルが低いのは甘え、というような概念が美琴の中にあるのも、
美琴自身が努力でレベル1からレベル5にのし上がった経緯があるから。
元々才能があったにしろ、結果論としてそれが根付いている。
だからこその「とっとと帰んなさい」なんだと思う。
(関係ないけど、美琴が口下手ツンデレなのも勉強ばっかしてて人とコミュニケーションを取っていなかったから?どのくらいの期間、どのような努力をしたのか知らんからなんとも)
そんな美琴の目の前で「レベル0がレベル5をぶっ飛ばす」のが妹編。
作中に美琴と禁書主人公ズとの差別化と取れる描写があるんだけど、
能力の弱いものたちの脳を繋げてどうたらこうたらして生まれたAIMバーストを美琴はぶっ飛ばした。
だけど、当麻はAIM拡散力場にアレイスターが自我を植え付けた事によって生まれた風斬を救い、
一方通行はミサカネットワークで脳が繋がっているシスターズを守っている。かなり強引な解釈だけど。
何が言いたいかってーと、美琴は主人公足り得る存在ではないんじゃないかなーってこと。
スピンオフ作品である超電磁砲も、妹編の美琴視点をやるために始まったものだと聞いた。
そもそも美琴っていうか、学園都市自体が幻想殺しの引き立て役として作られた設定らしいし、
上条さんありきの存在なんだよね。学園都市も美琴も(そして妹編も)。
………とか、いろいろゲロカスなことが脳裏によぎってたわけだが、
ポルターガイスト編から登場した春上が「チャイルドエラー」だったことが明かされた。
チャイルドエラーといえば、木山がレベルアッパー事件を起こすきっかけとなった存在。
冬川先生が上条さんを出したいと言っていたのも、超電磁砲(≒妹編)は上条さんありきだと考えていて、
監督が上条さんを出したくないと言っていたのは、超電磁砲を美琴の物語として作りたかったから?
当麻と一方が風斬と妹達を救ったように、
レベルアッパー事件のきっかけとなったチャイルドエラーを救うことで、
美琴が主人公の「とある科学の超電磁砲」を描こうとしているんじゃないかなーという強引な解釈。

まぁ、だからどうしたという雑記メモ
いろいろとノイズが混じってる恐れあり。

<<泡と痛み | 月泣 | 蔦といつものぶん投げ>>

コメント

from ふうと

あぁぁぁあ名前がぁぁぁあ

最近、劇場版グレラガがTV放映版と色々変わってるらしいことを聴いたので
是非レンタルしてきて観ようと思ってます^^
ラストのアンスパとの戦いのところがそれはもぉ天元突破してるとか…!

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://mooncryed.blog105.fc2.com/tb.php/454-206484bc

| 月泣 |